ナビゲーション02スキップ
イメージ

活動プログラム(ミニ音楽会社)一覧

2009年に活動開始した「ミニ音楽会社」

「Musicians Institute Japan」(音楽専門学校、東京・渋谷)
専門学校生有志が2009年11月に活動開始するが、2010年3月時点で活動休止に

星槎国際高等学校(広域通信制の私立高校、東京・立川市のキャンパスで活動)
高校生による「Colors」が2010年7月30日にライブ開催

公募で集まった大学生を中心とする「CocoroOdoru
2010年3月19日にライブ開催
3カ月の活動記録として、ドキュメンタリー映像を制作

2010年に活動開始した「ミニ音楽会社」

国連UNHCR協会の「CampBeat」プロジェクト(ケニアの難民キャンプを支援)に参加し、大学生30人による「KenyUs Music」結成
6月12、13日、横浜市の赤レンガ倉庫での「アフリカンフェスタ2010」に出展、ワークショップを開催
6月19日、東京・浜松町のアフリカ料理レストラン「カラバッシュ」でライブ開催
6月20日、横浜市内の名所を歩く「横浜ウオーク」と、横浜市の商店街イセザキ・モール1・2st.で、紙芝居、クイズラリー、アフリカのジャンべ演奏、アーティスト「ゆず」さんの「はるか」合唱のイベントを開催

社会人が挑戦するブラストビート、「大人解放区」
7月24日にライブ開催

ブラストビート豊橋「メタモルフォーシス」
9月11日、地方では初となるライブイベントを愛知県豊橋市で開催

京都の大学生による「音輪―OTOWA―
11月21日、お寺でライブを開催、楽器の寄付も集める
その後、ブラストビート京都を立ち上げ、プログラム第2弾の参加者募集へ

沖縄の大学生による「琉球楽団 おとぐくる
11月27日、ライブを開催し、カップラーメンも集めてフードバンク・セカンドハーベスト沖縄さんに寄付

国際交流基金と、韓国の社会的起業ノリダンと協働し、「日韓ブラストビート」
日本と韓国の大学生がひとつのミニ音楽会社「Ralapipo」を結成 
2011年2月13日、ソウルでライブを開催
続いて2月20日、東京・表参道のカフェでライブを開催
2011年9月3日に韓国ソウルで、9月5日に東京で、成果報告イベントを開催
プロジェクトの概要や、日本と韓国それぞれの学生のブログなどは、国際交流基金の紹介ページからご覧ください
映像ドキュメンタリーも制作しました

大学生などによる「Feelink+
東日本大震災の翌週に予定していたライブが一旦延期になった後、2011年5月9日にライブを東京・渋谷で開催
被災地で音楽による支援を行っているNPO法人「国境なき楽団」に寄付

大学生などによる「uni.
東日本大震災の翌週に予定していたライブが一旦延期になった後、2011年6月4日にライブを東京・渋谷で開催
宮城県南三陸町で避難所になっている中学校にCDとCDプレーヤーを届ける

2011年に活動開始した「ミニ音楽会社」

代々木高校(東京・代々木の通信制高校)有志による「ホース」

茨城県出身の大学生が中心となった「BCM
8月31日、東京・上野でライブ開催し、大震災の被害を受けた茨城県笠間市の登り窯の修復に寄付し、修復作業も手伝う

池袋を拠点に活動した大学生による「lim
9月1日、新宿でライブを開催し、震災遺児への支援のために、あしなが育英会に寄付

駒沢大学の学生で作る「Myuvel
9月7日、六本木でライブを開催し、被災地のビジネス支援のために岩手県の企業から水を購入し、収益は「岩手の学び希望基金」に寄付、活動の記録を事業報告書にまとめています

女子高生6人による「ジェットコースター
9月19日、渋谷でライブを開催し、宮城県石巻市で中高生の居場所作りに取り組むNPOに寄付

八王子を拠点に活動した大学生と専門学校生で作る「mucom
9月24日、東京・四谷でライブを開催

横浜を拠点に活動する高校生と大学生による「BEESmile
11月のライブ開催を予定していたが、受験を控える高校3年生が中心になっていることもあり、一旦延期に

京都では2回目のプログラムとなる「Re:mind」が2011年暮れに活動開始し、大学生5人が2012年4月15日に京都・同志社大学でライブを開催し、被災地へピアノをとどける会に寄付

2012年に活動開始した「ミニ音楽会社」

この年、最初のライブを開催した「M∞sic」。8月26日、高校生・大学生のチームが東京・浅草橋でライブを開催。高校生の社長が2011年にボランティア活動した仙台・荒浜地区への支援を訴えた。

8月30日、「Chou Chou」が「旅」をテーマに東京・恵比寿でライブを開催。世界を旅するチェンジメーカーを支援する「BADO」に寄付。

9月7日、「camas!!」が川崎市でライブを開催。被災地の子どもに楽器を届ける活動をしている「楽器forKids」に寄付。

9月9日、「cootS」が地元埼玉の活性化をテーマに「埼玉建国」と題したライブを川口市で開催。埼玉県内の児童養護施設に自転車と三輪車を寄贈。

9月15日、「YABUSHI」が川崎市でライブを開催。児童養護施設を支援するNPO「ブリッジフォースマイル」に寄付。

9月16日、京都と大阪の大学生による「Aste Rhythm」が大阪府守口市のプラネタリウムを舞台にライブを開催。被災地の子どもに楽器を届ける「楽器forKids」に寄付。

9月17日、「MugiQ」が東京・代官山でライブを開催。収益で出演アーティストのCDを購入し、世界一周に出かけるメンバーの一人に託して世界各地に届けることに。

9月18日、「Apollo」が東京・吉祥寺でライブ開催。宮城県石巻市などでライブハウスを再建する団体「東北ライブハウス大作戦」に寄付。

ミニ音楽会社「Uni EAST」、「Smiring!」、「からふる」はそれぞれ9月にライブ開催を予定するが、一旦中止に。

9月30日、福島で活動する「OSN」が郡山市内でライブを開催。ニート支援、就労支援に取り組むNPOキャリア・デザイナーズにご協力いただきました。

10月31日、東京・杉並区との共催による「Hofu」がハロウィンの夜に童心に帰ることをテーマに東京・渋谷のカフェでライブ開催。子どもの遊び場を運営する「杉並冒険遊び場 のびっぱひろっぱ」に遊具購入費として寄付。

2013年4月28日、前年12月に活動開始した都内の高校生13人が作る「InfiniTEENS」が東京・下北沢のライブハウスでライブ開催。(公益社団法人)Civic Forceの被災地支援「夢を応援プロジェクト」に寄付。

同時期に活動したミニ音楽会社「inspiral」、「No Limits」は4月にライブ開催を予定するが中止に。

5月11日、大学生で作る「Cross Point」が東京・四谷で親子連れをターゲットにライブを開催。被災地に絵本を届ける活動などをしている「地球の楽好」に寄付と絵本を届けた。

2013年に活動開始した「ミニ音楽会社」

七夕の7月7日、金沢の大学生が作るミニ音楽会社「想思創i」が金沢でライブ開催。62人を集客し、児童養護施設「梅光児童園」に、38,000円相当の望遠鏡、図鑑、絵本を寄付。

9月1日、2013年春期の先頭を切って、大学生などによるミニ音楽会社「和音。」が西荻窪のカフェ「アトリエ・カノン」でライブを開催。57人を集客し、38,023円をアフリカのシエラレオネにある孤児院の支援に寄付。

9月6日、「Supremacy」が東京・四谷のライブハウス「Live inn MAGIC」でライブを開催、43人を集客し、公益社団法人「難病の子どもとその家族に夢を」に2,099円を寄付。

9月20日、「arbor」が新宿のライブハウス「Cat’s hole」でライブを開催。36人を集客し、10代の政治参加を訴える「僕らの一歩が日本を変える。」に3,208円を寄付。

9月28日、チーム「Co next」が東京・青山のライブハウス「月見ル君思フ」でライブを開催。98人を集客し、一般財団法人「メイク・ア・ウイッシュ・オブ・ジャパン」に100,187円を寄付。

同時期に東京で活動したミニ音楽会社「ESTA」は活動中止に。

10月13日、福岡で初の活動となったミニ音楽会社「Mix Up」が福岡の老舗ライブハウス「HEART BEAT」でライブを開催。80人を集客し、277円をNPO法人donner le mot(ドネルモ)に寄付。

10月27日、春期プログラムの中では1ヶ月遅れでスタートした東京の高校生と大学生による「Lucia」が、池袋のライブハウス「MANHOLE」でライブを開催、22人を集客。

12月1日、宮城県石巻市の高校生9人によるチーム「どっちかというとこしあん派」が、石巻市内のライブハウス「La Strada」でライブを開催。54人を集客し、14,851円を石巻フューチャーセンターに寄付。(ライブの様子はブログに)

2014年2月8日、2013年秋期に2チームが活動した関西の1チーム「Kalmia」が大阪・梅田のBodaiju Cafeでライブ開催。62人を集客し、収益の一部と募金をあわせて13,000円をうつ・ひきこもりの人の居場所を作るプロジェクトにクラウドファンディングで寄付することに。

2月16日、大雪の週末に、チーム「WOMIC」が東京・秋葉原のライブハウスGOODMANでライブを開催、93人を集客し、15,000円を東北ライブハウス大作戦に寄付。

3月9日、関西のもうひとつのチーム「iMusement」が大阪・本町のライブハウスMother Popcornでライブを開催、101人を集客し、62,141円を民際センターに寄付、ラオスの子どもたちに。

3月15日、チーム「HAN°C」が東京・下北沢のカフェ art ReG cafeでライブを開催、32人を集客。

3月17日、福島・郡山で2つ目のチーム「郷名湯(きょうめいとう)」が、郡山のライブハウスCLUB#9でライブを開催。「原発労働者の方へのありがとうを増やす」というコンセプトで行い、募金18,005円を原発労働者の方への差し入れに。(ライブの様子はブログに)

2014年に活動開始した「ミニ音楽会社」

6月1日に活動開始した首都圏のチーム「MGN(Music Gathers Newness)」が、10月5日に東京・立川市の老舗喫茶あちゃでライブを開催。26人を集客し、NPO法人青年協議会と、いしのまきカフェ「 」にそれぞれ1万円余りを寄付。

同じく6月1日に活動開始した首都圏のチーム「Alive」は活動中止に。

6月にスタートした沖縄のチーム「Unfold」は8月に予定したライブを台風のため延期し、10月12日に開催を予定していたが、季節外れの台風に再度直撃され、やむなく中止に。

9月5日に金沢で2回目となるチーム「GroOve」がキックオフ、石川県内の大学生10人で活動。翌年のバレンタインデーの翌日、2月15日に「ショコライブ!」と名付けたイベントをバー&貸しフロアーのeighthalfで開催。23人を集客。

10月3日に茨城県水戸市で大学生6人のチーム「Liaison」が活動開始。その後、活動休止に。

11月9日にキックオフした首都圏のチーム「WASICO」が、翌2015年2月14日にアートスペース「プリモ芸術工房」でイベント開催。18人を集客。

同じく11月9日にキックオフした首都圏のチーム「μ connect」はイベント開催を一旦中止に。その後、メンバー有志が再度活動を始め、翌2015年8月20日に八王子芸術文化会館小ホールでビッグバンドを核とするイベントを開催。

12月に福島で3回目となるチームが複数の通信制高校の生徒によりスタート。「今日産TOH(きょうさんとう)」と名付ける。翌年2月まで活動するが休止に。

2015年に活動開始した「ミニ音楽会社」

 6月21日にキックオフした首都圏のチームYOUTHOUGHTが、9月27日に新宿のライブハウスURGAでライブを開催。29人を集客し、音楽による支援活動を行うNPO法人「アンダンテ・ジャパン」に7,685円を寄付しました。

同じく6月にスタートしたもうひとつのチーム・トリハダが、11月1日にライブハウス「アンコール渋谷」でライブを開催し、25人を集客。「東京国際レズビアンゲイ映画祭」の委託販売に協力するなどしました。

2016年に活動開始した「ミニ音楽会社」

7月1日に首都圏の2チームがキックオフ。「ユニゾン」「クローバー」と名付けられるが、いずれも活動休止に。

  • 映像で見るブラストビート
  • メルマガ登録
  • 活動ブログ
  • 会員申し込み
  • イベント企画に挑戦!中・高校生向け イベプラ
ページトップに戻る
Copyright©blastbeat japan All Rights Reserved.